2015年1月12日月曜日

必要な音と邪魔な音。


楽曲を理解する事で見えてくる景色が有る♪

唄モノの時は可能な限り歌詞を貰う様に頼んでる。

予め楽曲が分かっていて、本人のブログやウェブサイトに掲載されていれば、先ずプリントアウトして同じ景色を眺めてみる。

楽曲を聴き、スコアが無ければ書き起こしながら実際にパーカッションやシンバルのレイアウトをしてみる。
無駄のないレイアウトは余計なストレスを減らしてくれるからだ。

この一連の作業が必要な音と邪魔な音を明確にしてくれる。

ショータイム一発目の音がスコーーーーンと出せるか否かで全てが決まっちゃうんだよね。

上っ面でガンガン演り倒すとか、キメだけ合わせときゃなんとかなるなんて甘っちょろいモノではないのだ。
コメントを投稿